お問い合わせは、メールにてお願い致します。

staff@astico.co.jp

↑コチラのメールアドレス宛に、お問い合わせください。

 

※土日祝日を除く24時間以内にご返信いたします。

※また、スマホ携帯で送信される方はでPCメールが受信不可の方は、
 こちらからの返信メールがPCメールとなりますので受信できません。
 あらかじめ staff@astico.co.jp のメールアドレスからのメールが
 受信できるように設定をお願い致します。

「お問い合わせにつきまして。」

 


足の形と靴幅について

足の形には、「エジプト型・ギリシャ型・スクエア型」の3種類があります。
日本人に多いのはエジプト型で、欧米人に多いのがギリシャ型です。

エジプト型 → 親指が一番長い足の型。
ギリシャ型 → 人差し指が親指より長い型。
スクエア型 → 指がほぼ同じ足の型。

 

もともと、靴というものは、欧米文化のものです。日本は、草履ですので(^_^;)
これが理由で、靴の基本の形が、欧米系のギリシャ型になっているのです。
つまり日本人の多くの人は、靴先を窮屈に感じやすいということになります。

ですので、自分は幅広だと思っている方も、

実は靴先がきついというだけの理由でそう思われている人が、意外と多いです。

あと、靴幅を表わすと思われている「E表示」ですが、
あれは「足囲」といって足の指の下の部分の、周囲の長さを表わすものです。
ですので、甲高の人は足の幅が狭くても、E表示的には大きいわけです。

この2つのことから、靴の幅の広いのを求める人がおおいのですが
「E」つまり足囲は、基本的には、どのシューズメーカーも、そんなに
多くのバリエーションは用意していません。

ロシオの場合、基本的に全タイプとも3Eと4Eの中間になっております。
ですので、試し履きして、もし小さいとかキツイと思われたら
Eは変更できませんので、サイズそのものを0.5cm上のものにすることで
対応をして頂くことになります。

「試し履き」と「サイズ違いの場合のサイズ交換方法」についての注意説明

● 届きましたら、まずはサイズ確認をしてください。そして、最初は、慣らし運転(慣らし歩き)をしてから、
少しづつ歩く距離を伸ばしていってください。無理をせずマイペース で続けてください(^^)

● ロシオのシューズは、基本的に全て横幅は3Eと4Eの中間になっております。
ですが、やはり人によって合う合わないがありますし、縦サイズのほうも合う合わないがありますので、サイズが合わな かった場合は、片道の返送料がご負担となりますが、返品交換できます。ご遠慮なくお申し出下さい。

 

● まずは室内で汚さないようにして試し履きをしてみて下さい。
一度でも外で履いてしまったものは交換できませんので、
ご面倒がらずに必ず室内で試し履きするようにして下さい。

(お客様 → 弊 社)への返送費用はお客様負担です。
(弊 社 → お客様)への運送費用は、弊社負担です。

・返送には届けられた時の箱をそのままご利用下さい。
・住所,氏名,電話を書いたメモを念のために入れて下さい。
・交換してほしいサイズもメモしておいて下さい。
・返送先:〒702-8004 岡山市中区江並417-1 TEL:086-276-2010
 (株)アスティコ ネット通販担当宛て

●サイズ確認の目安

1.足を前方にしっかり詰めた時に、かかと部分に人差し指一本が入るか入らないぐらい。
 
2.次は、逆にかかとを押し付けた状態で、ジャンケンのパーがツマ先である程度出来るぐらい。
もし親指なり小指が気になるようなあたり方をするようであれば小さいといえます。
 
3.両サイドのホールド感があり、指まわりに十分な余裕が得られている。
 
4.夕方以降(夜)のほうが足が大きくなっていますので、
夕方以降の夜に確かめられたほうが良いです。


以上ですが、ただ、やはり無難なのは、大き目サイズにされることです。
きつめをゆるくするのは自分ではできませんが、大きめであれば靴下二枚履きや、あと最近はホームセンターやドラッグストアにある、フットケア関係のツールで、インソールやクッションや中敷などで、きつめに調整することができます。

とにかく、日数はかかっても構いませんので、汚れないようにだけ注意して、試し履きをしてもらえたらと思います。どうかよろしくお願いいたします。
 

破損などによる修理や交換対応について

弊社で購入されたものでしたら、検品した上で修理か新品交換という対応になります。
ご連絡は、メールにて、ご相談内容とあわせてご注文時期やご注文者情報を教えてください。
破損状態の画像などもメールで送って頂けると対応がしやすいです。

 

※ちなみに、このような破損関係のご相談の場合でよくあるケースが、
他店やオークションで安く販売されていたものを購入したが、すぐ壊れたというものです。

このような商品は、正規仕入品ではなく処分仕入品の可能性があります。
処分品は、何年も売れ残ったものや閉店などによる在庫処分などがありますが、靴は見た目が新品でも数年以上経ったものはゴムや接着が劣化したり、ウレタン部分が加水分解していて、履くとすぐ破損する場合があります。⇒ご参考ページ

 

ただ、このようなケース以外で、まれに歩いた道路上に靴底によくない成分があって、それが付着したことによって劣化が進んだというケースが、過去に数件だけありましたので、原因は、やはり詳しく見てみないと特定はできません。

ご連絡先 Email:staff@astico.co.jp TEL:086-276-2010 (お問い合わせはできるだけメールでお願い致します。)

© Copyright 2018 Astico Ltd.